大切にしていること

代表挨拶

代表取締役社長 田中 辰明

 東急リゾーツ&ステイは、東急不動産が展開するホテル・リゾート事業の強化を目的に、東急リゾートサービス、東急ステイ、東急ステイサービスを統合して2020年7月に誕生しました。

 私たちの事業の歴史は古く、1960年代から別荘管理やゴルフ場運営を手がけ、1980年代にはスキー場、会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ」の運営受託を開始、1990年代には都市型ホテル「東急ステイ」を立ち上げました。現在、私たちが全国各地で運営する施設のご利用者は、年間400万人に上ります。

 こうした多彩な施設運営で培った実績とノウハウ、地域・行政やお取引先の皆さまとの長期的な関係構築の強みを活かして、運営業の未来を切り開いていくことが私たちのミッションです。多様なお客さまから高い評価を得る、多様な従業員の働きがいを高める、交流・雇用を通じて地域の架け橋になる。この3つの取り組みを通じて、社会から必要とされ、なくてはならない運営会社へと成長してまいります。変化の激しい事業環境のなか、事業の加速に向けてデジタル活用を進め、将来の芽となる新しい価値創造に努めます。

 「リゾーツ&ステイ」という社名には、お客さまに繰り返し訪れていただきたいという想いが込められています。課題解決のプロフェッショナルとして、場の提供にとどまらず、多彩な過ごし方の提案を通じて、お客さまに豊かな時間と体験を提供してまいります。

コーポレートメッセージ

また訪れたいという想いを
積み重ねていくこと
それが、TOKYU RESORTS & STAYS のありたい姿です

RESORTS & STAYS

RESORTは、9世紀から14世紀にかけて使われていた
古フランス語の“resortir”に由来します。

その意味は「再び出かける」。転じて、余暇を過ごすための場所を指すようになりました。
STAYは、ラテン語の“stare”(英語で“stand”)から派生し、
「滞在する、とどまる」という意味を持つ言葉です。

お客さまに繰り返し訪れていただきたいという想いを込めて、
私たちは「東急リゾーツ&ステイ」と名づけました。

安心と信頼の「東急ブランド」が
提供する3つの強み

STRENGTH-1

多彩な過ごし方、
楽しみ方を提案する
運営ノウハウ

東急リゾーツ&ステイは、ホテルからゴルフやスキーを始めとするリゾートまで、全国各地でさまざまな施設を運営しています。その経験とノウハウに裏打ちされた、多彩な過ごし方や楽しみ方の提案を通じて、一人ひとりのお客さまに合わせた豊かな時間と体験を提供します。

STRENGTH-2

豊かな
時間と体験を提供する
プロフェッショナル集団

東急リゾーツ&ステイの強みの源泉は、高いスキルとモチべーションを持つ 多様な人財です。柔軟な働き方と高い生産性の実現によって、課題解決のプ ロフェッショナルである従業員がお客さまに寄り添ってサービス提供できる環境をつくり、顧客満足度を高めています。

STRENGTH-3

地域との
リレーション構築による
長期的な施設運営

運営の価値は、施設のことだけを考えていて生み出せるものではありません。私たちは⻑い歴史のなかで、常に周辺エリア全体の価値向上を意識した事業を行ってきました。地域に根ざした⻑期的な施設運営は、私たちの強みであると同時に社会的な責任であると考えています。